【MJB】World of Tanks 『戦闘ドクトリン』

World of Tanksブログ。指揮の反省など

【日本・ドイツ編】アップデート 9.20 車輌バランス再調整  日本重戦車・マウスが全体ナーフ 

はいさい〜こんばんわ!

 

アップデート情報も残すは日本ドイツのみになりました。

重戦車ルートがナーフ嵐になったので、愛用者は要チェックですね〜

 

f:id:kinchan0023:20170803212834p:plain

日本重戦車

やはりというかTier5の怪物と化していた試作オイちゃんが砲を取り上げられました。

O-I Exp の 105 mm 砲は、Tier V としては驚異的な貫通力であり、まさにワンショット・モンスターでした。よってこの砲を削除しましたので、単なる撃っては隠れるという戦い方ではなく、より複雑な戦闘計画を練る必要があるようになるはずです。機動性についても低下しますが、しかし前面装甲がかなり増厚されます。これにより、格上相手にも戦いやすくなり、他の日本重戦車により近いゲームプレイとなります。

こういう表現はおもしろいですね〜 とりあえずは装甲を得るのでTier5戦場のバランスが良くなることを祈ります。

 

Tier6オイちゃんは背面がナーフされるので、これは良い変更です。おケツを取ったのに貫通できない車両は卑怯すぎますから(・∀・)

 

f:id:kinchan0023:20170803211038p:plain

Tier9・10のType 4、Type 5 Heavyは正面装甲お化けだったのが、弱点が明確化しました。金弾を使えばTier8戦車でも対抗できるようになりますね。

榴弾砲をばら撒くスタイルは変わらないので、収支のバランスさえ良くなれば購入したいのですが、O-HOで止まっている自分はまだまだ先の話になりそうです。

ドイツ編 マウマウががが!

 

f:id:kinchan0023:20170626235054p:plain

Maus は巨大なダメージを吸収する要塞としての地位に復帰しました。しかしながら、ダメージ・アウトプットの強化に関しては、やり過ぎでした。開発チームとしては、本車のパワーハウスとしての存在感を維持しつつも、E100 にも少しスポットライトを当てたいと考えました。そこで、HP をやや減らし、装填速度も下方修正しました。結果としてこの超重戦車は、ダメージ量についてはやや低下するものの、総合的なゲームプレイについては変わらないはずです。重装甲の要塞としての地位は、維持されます。

まあそうなりますよね〜っという感想です。正直マウスが敵に2枚以上いるとランダム戦では負けることが多くなりました(ワシの気のせい?)

同じドイツのE100や7式が話題にも出なかったので、MAUSのナーフで注目されることになるでしょうか!?

 

それでは今日はこの辺で〜

 

ばいばい〜