【MJB】World of Tanks 『戦闘ドクトリン』

World of Tanksブログ。指揮の反省など

【WOT】アップデート 9.20.1 での車輌バランス調整  個人的にまとめてみた① イギリス紳士の集い

はいさい〜おはようございます。

9.20のアップデートが来たなぁっと思っていたらもう9.20.1の情報が出てきました。

今回は個人的に嬉しいポイントも多々あるのでゆっくりまとめていきます。

worldoftanks.asia

 

f:id:kinchan0023:20170915095410p:plain

イギリス戦車は見捨てられていなかった!? いろいろBuffが来るぞぅ〜

 英国紳士に朗報です!

紅茶を飲んで耐え忍んでいた日々が報われることになりそうです。ソ連贔屓のWGと言われ続けた理由として、紅茶族が明らかに少ない追加車両と主力になりにくかった性能だったイギリス車両が高ティアでBuffがされます。 

紅茶中戦車ルートは砲塔装甲がお固くになります。

中距離における野獣としての役割を確固たるものにすべく、砲塔装甲を然るべく強化しました。Tier VIII–X における実効装甲厚が 240 mm 以上になりましたので、支援任務で活躍できるようになっています。第 2 線の丘に陣取って堂々と戦い、敵弾を弾いて今度は敵の頭を悩ませることができるのです。

「中距離における野獣」とはやりますね〜 砲塔が固くなればハルダウンの安定感が増しますので良Buffだと思っています。ただ速力をもう少し上げてほしいですね。

 

拠点で育ったクロムBの搭乗員の使いみちが出てくるかもです!

 

紅茶駆逐ルートは全体Buff  目玉はチャリ

総じて、マスターするのが難しく、「主流」とはなり得ませんでした。不人気なのも当然と言えるでしょう。そこで、このラインの魅力を高めるため、Challenger、Conway および FV4005 Stage II について、火力と生存性を高めることで、従来よりずっと扱いやすい体験を提供できるようにしました。

以降の駆逐第2ルート(FV4005)はTier VIII Charioteer(チャリ)で止めておけと言われるほどのネタルートとして実装当初から言われていました。

ただ今回のBuffで砲が追加されたりしてかなり強化されています。

一部からゴミ箱と揶揄されたFV4005も速力強化されるので183㍉砲が駆け回る戦場はある意味恐怖ですw (以前のグリレ15のように脅威になれるか!?)

個人的にはチャリが俯角10度になるだけで今回のアップデートが待ち遠しいです。

いままで俯角5度に悩まされていたので買い戻す価値ありですよ😤

 

紅茶重戦車ルートはより重戦車らしく!? すーぱーこんからー

WOTを始めて一番最初に勝ったTier8重戦車がカーナボンだったのは、今となってはいい思い出です(遠い目)

いまなら確実に「ソ連を進めろ!!!!!」と言うのですが、まあしょうがないですよね。

 

砲の追加で単発が全体的に強化されて、速力が落ちる調整が多いです。

いままで前線1.5列目で支援車両と呼ばれた汚名を返上するのですお!

 

あと殆どの人は気になっているスーパーコンカラー情報。

f:id:kinchan0023:20170920132317p:plain

FV215Bとチェンジとなり、Foch155と同じようにFV215B保有者は特別車両として残れることになります。

性能的にはハルダウンおばけになりそうです。クランバンの未来は?

見た目性能は個人的に好きなので、次回アップデート予定の10月中旬までにクレジット貯めてFV215Bを買い戻しておきたいですね。

  

FV215Bと言えば、傭兵MODで有名なgrouさんがネタ車両扱いだったこの車両をTier10クランウォーズで使われるようになった記事がとても印象に残っています。

wot54.blog.fc2.com

2013年の記事ですが、これを見てイギリス紳士になったのは思い出深いです。

クランウォーズ常連車両まではいきませんが、スポットでDPMを生かす配置につけると強いAPCRマンでした。(ワシには使いこなせる技量がありませんでしたががが)

 

とりあえず今回はここまで。

 

次回はTier10LT情報をまとめたいと思います。

 

 

良ければコメント頂けるとブログモチベーションが爆上がりしますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

 

まとめて欲しい情報などもあればぜひご連絡お待ちしています。

 

ではではまた〜