【MJB】World of Tanks 『戦闘ドクトリン』

World of Tanksブログ。指揮の反省など

【WOT】Type 5 Heavy という男気溢れる戦車  榴弾バラまいて対V4対策

はいさい~こんばんは!

 

パソコンを買い替えてWOT1.0にようやく慣れてきましたkinchan0023です。

 

昨日は久しぶりにランダム戦を回して、マップが変わっている箇所を把握しておらず爆散が続きましたw

 

氷河どこ行けばいいかいまだにわかりませんー

 

とりあえずイタリアミッションは少しづつ進めて、ラスト課金するのじゃぁああ。

 

さて今回は、まだtype5のお話です。それぐらいこの車両は好きなので〜

 

榴弾でV4を吹きとばせ−貫通されるとツライん

f:id:kinchan0023:20180417225342p:plain

なんでまたこの子を紹介するかというObject 268 Version 4の登場で価値がさらに上昇したからです。

 

以前までは壁役ではマウスと双璧でしたが、V4と相対した時に貫通できるかが重要になります。

 

こちらをご覧ください。

 

マウスの課金弾APCRの貫通311㍉では確実に抜けるのは小さいキューポラのみになっています。

 

黄色い箇所も狙えますが、少しでも角度を付けられると合うとです。

f:id:kinchan0023:20180418093144p:plain

このように

f:id:kinchan0023:20180418093412p:plain

まあこの角度になると履帯ハメが狙えますが、お伝えしたいのは貫通310㍉クラスだとV4ロケットを止められないところです。

 

V4の貫通は360㍉HEATなので、マウスもtype5も装甲を生かして弾く概念がぶっ飛びます。

 

ということで確実にダメージを与えられる方に軍配があがります。

 

いかにHP差があるうちにダメージを与えていくかが大事なのです。

(※V4のキューポラに毎回確実にダメージを与えきれる技量の方はマウスでも良いですが、V4は前後速度が早いので至難の業)

 

5式とリロード時間は同じくらいなのでV4の苦手な街角で構えると相手は履帯ハメの危険&榴弾でなかなか前に出てこれなくなります。

 

進撃戦でも相手がガン芋出ない限りは5式採用を見るようになりました。

 

 

いまの集団戦はいかにV4の突撃力を止められるかが勝負の分かれ目になりつつあるので、各クラン対策に四苦八苦しております。

 

 

ただこれはMJBだけの話かもしれませんのであしからず。

 

ではではまた〜