【MJB】kinchan0023『戦闘ドクトリン』

ゲーム全般ブログ。好きなゲームの情報など

【WOT】CWE戦場の虎! 2019年はワールド・オブ・タンクスの変革期!? MJBは物量作戦敢行!?


World of Tanks(WoT)ランキング ※応援お願いします

はいさい〜こんにちは!

 

「CWE戦場の虎」の詳細をくびをながあああああああああああくして待っているkinchan0023です。

 

16日に詳細発表と聞いていたのに出てきたのは2019年のWOT情報で報酬車両にT95チーフテンが出まーすぐらいだったので拍子抜けしております。

 

2019年の情報は次回整理してお伝えしますね。

 

今日は年始のCWEについての記事です。

 

クランシェアをしてアクティブ100名規模になるか!? 初めての挑戦

f:id:kinchan0023:20181213170947p:plain

次回のCWEではMJBははじめてのことに挑戦します。

 

それは「クランシェア」

 

いままで他クランと合流はしておらず単独でCWCなどに参戦してきましたが、今回は初の試みで合流を行っています。

 

合流クランは年始に発表しますがシェアは3〜4クランになる予定です。

 

ではクランシェアとは何かですが、クランの器はMJBが母体にはなりますが、各クランが指揮官を擁立して独自に動きマップ申請をして、隊員が足りないときにお互いで補う形です。

 

これによりCWEに本格参戦するためにはアクティブ数が足りないクランが参戦できるようになったのはすごく大きなメリットだと思っています。またMJBはクレリザLevel10のため収支が良くなるはずです。

 

個人的に前々から思っていたことが実現できたのはとても嬉しいことです。

 

クランを大きくするのは時間と労力がかかりCWCなどに間に合わないことが多々あります。

 

そのときにクランの中核を担うであろう方々と(間借りの形ではありますが)クランとして動けるのは、集団戦をする日本クランが増えるキッカケになるのではないかと思っています。

 

MJBにも多くのメリットがあり、部隊数が多く出せることはそれだけクラン名声ポイントの積み重ねが出来る&アクティブ数の確保が出来るが上げられます。

 

MJBではCWEに向けて進撃戦を毎日やってきましたが、練度を上げれるの人数には限界がありざっくりと分けてMJB60名・Aクラン10名・Bクラン10名・Cクラン10名・Dクラン10名でCWEに挑む形になります。

 

すべての方がアクティブでやる気がある方々なので、恒例行事の夕方から深夜まで15分刻みクランウォーズが出来そうなので今からワクワクしてますぞ!?

 

ただ強豪クランも他クラン合流をしており、今までのようにアクティブ数(物量)で殴る作戦が通用しない可能性が高いので胃がキリキリもしていますが・・・

 

 

部隊の練度・マップ申請の取り決め・トラブル回避の事前打ち合わせなどやることが山積みですが、「基本レートピックなしで報酬車両獲得」を目指し頑張ってまいりますので応援よろしくお願いいたします。

 

 

ではではまた!