【MJB】kinchan0023『戦闘ドクトリン』

ゲーム全般ブログ。好きなゲームの情報など

【WOT】集団戦の新規層をどう受け入れていくか 循環がなければ衰退していくが育成は大変


World of Tanks(WoT)ランキング ※応援お願いします

はいさい〜こんにちは!

 

いまからゴルフなのでその前にブログを更新していきたいと思います。

 

たぶん夜はビールと泡盛でベロンベロンでしょうからw

 

今日も短めになってしまいますが個人的意見をまとめていきたいと思います。

 

目指すのはサウサンプトンFC!? 育成クラン兼中堅クランからの脱却

f:id:kinchan0023:20190208113104j:plain

(この図は今後も使っていくと思います。ちなみに自家製)

みなさんがMJBに対してどういうイメージを持っているかわかりませんが、個人的には「誰でも推奨車両さえ持っていれば集団戦が出来るチャンスが有るクラン」と思っています。

 

「誰でも」というのが大事でMJBでは入隊時にレート制限を設けていません。

 

前々回のブログで書いたと思いますが、CWEなどで報酬車両(obj907など)を獲得したい方は強豪クランに行くのが一番の近道ですが、レート基準に満たない方が入れる集団戦をするクランがないと新規層に壁が厚く、全体的に衰退していくことになります。

 

なのでイメージはサッカー好きなのでとあるクラブで表現してみました。

 

spaia.jp

 

吉田選手がいるので名前は聞いたことはあるという方はいるのではないでしょうか。

 

ただ育成クラブと育成クランの根本的な違いは移籍金が発生しない点です。

 

みんなで集団戦をしていって経験を積んで、クランに還元っとなれば理想なのですが、ほとんどは移籍となります。これが「上澄み」問題。

 

つまり指揮官であったり隊員であったり、集団戦をある程度学んでいくと上位クランへの欲求が出るのは当然ですし、引き止める材料も難しいところがあります。

 

同じことの繰り返しになりますが、サッカーでもバスケでもバレーボールでも経験者の中に初心者が交じるとギクシャクすることになります。

 

それが耐えられない!っという心理も理解できますが、受け皿となるクランになるようにMJBではクラン運営しています。

 

「集団戦初心者受け入れたらMJBはまたCWEで車両取れないんじゃないの?」っと言われるかもしれませんが、まだ残り半年以上期間があります。

 

入隊時にレート制限を設けない代わりに、一定数のアクティブを確保して、毎日集団戦の練習を行っていきます。

 

基本の6拠点から進撃戦、小隊を推奨、講習会でトレーニングの活用、反省会など。

 

 

昨日のブログに書いた「ティア10を初めて作って集団戦をしてみたい方」がたくさん場数を踏んで集団戦戦士にしていくのが、MJBが日本人クランでのニッチな立ち位置になっていると思いますぞ〜

 

 

短めとか言いながら1000文字書きました。

 

 

MJBでは新規メンバーを募集します!!

 

推奨車両obj1401・obj277・5式を保持していれば入隊できます。

また育成枠として20名の枠をご準備しました。上記3車両のうち1両でも保持していれば3月末まででしたら加入できます。(現在5名加入したので残り15枠)

 

今年の夏か秋か冬に行われるCWEに向けて今から準備したい方はぜひご加入をお待ちしていますよ〜

 

ではではまた!