kinchan0023ゲームブログ

ゲーム全般ブログ。好きなゲームの情報など

MENU

【WOT】戦車兵それぞれの楽しみ方 何がゴールなのかは人それぞれ


World of Tanks(WoT)ランキング ※応援お願いします

はいさいーこんばんは。

 

ランク沼でドツボにはまっておりますkinchan0023でございます。

 

ああぁああああ勝てないいぃいいいっとランク戦ばかりしていたのですが、昨日は息抜きに進撃戦をしました。

 

久しぶりだったので相変わらずのガバ指揮&ガバムーブでしたがとりあえず楽しかったので良しとします。

 

「崖」マップは苦手です。

 

 

では今日は個人的雑感を書き込んでいきたいと思います〜

 

 

 

多種多様な楽しみ方があるのがWOTの良いところ!? 押し付けはNG

f:id:kinchan0023:20200320164943p:plain


突然ですが、皆さんはFPSゲームをやったことがあるでしょうか。

 

有名所でいえばPUBG・R6S・APEX・フォートナイトなどですね。

 

あれは決められた銃があってカスタマイズは多少できますが、エイム力が試されるゲームです。

 

ここでいうエイム力はマウスを微妙に動かして相手に(特にヘッドショット)に合わせる能力ですね。

 

どちらかといえば反射神経が良い若い人が有利!?と言われたりします。

 

しかしオッサンでも楽しめますよ。

 

R6SとAPEXフレンド募集しております(すべて名前はkinchan0023)

 

しかし極めようと思ったらさきほど書いたエイム力がものを言います。

 

たぶん無理ですw

 

 

しかしWOTというゲームはエイム力も大事ですがそれ以外で補えることが多いので多種多様な人がそれぞれの楽しみ方を見いだせるゲームじゃないかなーっと個人的に思っております。

 

例えばトレーニングルームで鬼ごっこだけをしている人・ドイツ戦車ばかり揃えるなどのコレクター気質の人・報酬獲得獲得が第一の人・クラメンと遊ぶのが楽しい人・低ティアで遊ぶのが好きな人・自走砲乗るのが好きな人などなど。

 

思いつくだけでもいろんな遊び方があります。

 

 

幅が広いので分類分けしてみます。

 

まずクランに所属していたことがある人・ない人で分けられます。

 

クランに所属したことがない人は受験で言う独学状態で、15mルールや隠蔽システムなど自分で感じるままにやっている人がいると思います。

 

そんなときに役に立つのはWOTブログです。

 

上級者の方が書いているブログは高度すぎるので、オススメしたいのはれいしきさんのブログですね。

 

わかりにくいWOTシステムを丁寧に噛み砕いて書いています。

note.com

 

ワシも未だに理解していないものもあったのでぜひ一読ください。

 

初心者のときにこれを知っているといないではパーソナルレーティングが如実に変わるでしょう。

 

ではクランに所属していたとしても拠点戦・進撃戦・クランウォーズをしているクランかどうかが重要になります。

 

していないクランは身内クランに近く、小隊などで楽しくWOTランダム戦をしていく感じです。

 

日本人クランで集団戦と呼ばれる拠点戦・進撃戦・クランウォーズをやっているのは10クランもありませんので、探してみてください。

 

ワシも記事に書こうと思ったのですが、最近ボッコボコに叩かれているので自重しております。

 

集団戦をしているクランが報酬車両(obj907やチーフテンなど)獲得を目指すとなると色々なものを犠牲にしなくてはなりません。

 

例えば楽しく集団戦をするという考え方。

 

①勝てるから楽しい そのためには練習と反省会

②クラメンやるから楽しい  負けても反省会は少々

 

MJBは②の方針に近いのですが、①の考えた方の人から見ると異様に見えると思います。

 

「勝てないのに集団戦をする意味あるの?」

 

うぅ耳が痛い。

 

しかしまあ人それぞれの楽しみ方の範囲内と思っていただいて、生暖かい目で見ていただけたらと思います。

 

いまのWOTはCWE報酬車両を狙う以外にもフロントラインの遠征車両、ランク戦報酬車両があるのでそれを獲得狙うでも充分楽しめると思います。

 

 

こんな感じで海外クランの進撃戦に侵入して言葉が通じないのにEBRを乗り回すのも普段では出来ないのでオススメする楽しみ方ですw

 

www.twitch.tv

 

海外クランでは車両もバラバラ・フォーカスも出来ないで勝てないのですが、なんだか楽しそうに進撃戦していました。

 

過激派ヴィーガンではないですが、押し付けはしないように気をつけながら末永くWOTを楽しんできます〜

 

 

ではではまた!!