【F-T】kinchan0023『戦闘ドクトリン』WOTブログ

ゲーム全般ブログ。好きなゲームの情報など

【WOT】進撃戦の楽しさを知ったときからクラン運営の方針が決まるの巻 反省点も記載


World of Tanks(WoT)ランキング ※応援お願いします

はいさいーこんばんは。

 

ブログを更新できていませんでしたが、元気ですkinchan0023。

 

ランク戦・フロントラインというイベントが一段落してきたWOTですが、進撃戦が活発に行われるウォーゲームが毎週末に開催されております。

 

昨日は指揮をして久しぶりに2連勝したので報告と反省点をいくつか載せていきたいと思います。

 

指揮官に興味がある方にちょっとでも参考になれば幸いです。(もっと上手い人の指揮配信あるからそっち参照が良いよ!)

 

 

 

ユルイ指揮官? いや膀胱がユルイかもしれないkinchan0023指揮官

f:id:kinchan0023:20200420144717p:plain

 

正直言ってクランウォーズより進撃戦が楽しいマンになっているので進撃戦の良いとろこをピックアップしていきます。

 

①15vs15の集団戦の頂点が気軽にできる

 ▶現状通常クランウォーズも無くなったので、CWEと呼ばれる報酬車両をかけた戦い以外で15両のフォーマットで戦えるのは進撃戦のみとなっています。

その中で毎日出来て、負けても何回でも反省できるのは進撃戦に軍配が上がります。

 

②時間帯が決まっている

 ▶これ結構重要です。クランウォーズは30分ごとにありますが、シードになったりすると待機時間が1時間以上というのもザラにあります。

その点進撃戦は例えば10時に始まれば遅くても10時50分には終わるので社会人などには優しいシステムです。

 

③敵の編成が見える+砲兵大隊+試合時間10分

 ▶戦場の霧がないので敵の編成が見れます。汎用編成(快速重戦車+中戦車)でない編成(俗に言う芋編成)は戦闘が始まる前からやりたいことが敵の指揮官にバレてしまいます。

なおかつ砲兵大隊の存在が試合を左右することもあり、砲兵着の報告は指揮官にとって安堵のする場面もあれば、顔面蒼白になってしまうこともあります。

試合時間10分とクランウォーズに比べて5分短いのでラッシュ力が試されたりします。

 

 

クラン的にはCWEにいきなり出てもらうより進撃戦で経験を積んで集団戦の流れを覚えてもらうという教練的に出来るのでとても良いシステムだと思っています。

 

8拠点などもありますが、Tier10車両を使うという点で弱点把握なども含めて進撃戦は優れています。

 

また軍団兵(他クラン)も7人まで入れきれるので、自クランで人数が揃わなくても助っ人を呼べることが出来ます。

 

今後アジア鯖は進撃戦ルールを採用した新たな枠組みを作ろうとしているそうなので、今のうちに進撃戦に触れてみましょう!

 

 

興味があるかたは拠点戦のタブに進撃戦の項目がありますので、いきなり他クランの軍団兵で武者修行することも!

 

 

昨日の配信の様子をYou Tubeにしてますのでよければご覧ください〜

www.twitch.tv

 

良ければチャンネル登録よろしくおねがいします!

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

今後は試合後に個人的反省会も載せていきます。

 

ではではまた!